☯B.B.I

特別な体のケア・正しい体の使い方と呼吸法

●B.B.I(Body Breath Innovation・ボディ.ブレス.イノベーション)コースです。体調や自律神経がすぐに乱れる・体のあちらこちらが痛くなる・姿勢の悪さや歪みが気になる・出産前後の体が不安などのお悩みに対して【東洋医学・西洋医学・呼吸】の理論を軸に、特別な体のケアを行うコースです。「正しい体の使い方と呼吸法」で崩れにくい、バランスの良い体を作り上げていきます。

※トレーニングが苦手・続かない方におすすめのコースです。


●B.B.I[Body Breath innovation(特別な体のケア・正しい体の使い方と呼吸法)]の流れ●

カウンセリング・・・まずお客様のご要望をお聞きします。体調や自律神経がすぐに乱れる・体のあちらこちらが痛くなる・姿勢の悪さや歪みが気になる・出産前後の体が不安・競技パフォーマンスが上がらない・骨盤周囲の状態が気になるなど、まずは大まかな現状をお聞かせ下さい。また気になる動作(どちらかの足が出にくい・肩が上がりにくい・首や腰がうまく曲がらない)、気になる部位(姿勢が悪い・肩の左右で高さが違う・骨盤がねじれている気がする・足の長さが左右で違う)などもお伝え下さい。また仕事内容や運動状況、普段の生活スタイルなどできるだけ詳しくお聞かせ下さい。そしてどのような体が理想なのかを教えてください。

⇩⇩⇩

施術・・・【東洋医学・西洋医学・呼吸】の理論を軸に、アプローチしていきます。痛みなどがある時はすぐに言っていただけると助かります。また施術中はいろいろお尋ねしながら行うようになります。

⇩⇩⇩

説明・・・施術後は当日行った内容とお体の状態を説明いたします。また今後の来店頻度、日常生活での注意点、お客様に合った呼吸法をお教えします。最後に次回のご予約もお受けいたします。

Description

●B.B.I(Body Breath Innovation)の理念●

・【東洋医学・西洋医学・呼吸】の理論を軸に「特別な体のケア・正しい体の使い方と呼吸法」を行います。T4-method+αの位置付けではありますが、therapy(療法)・beaty(美容)・sports(運動)・hogushi(ほぐし)でのmethod(方法)を駆使しながら行う施術です。もちろん4つのmethodとは密に関連するのですが、メリハリをつけるためにあえて切り離してコースを作っています。

・メニューのCONCEPTでも書いたように、人間という生物はAsymmetry(アシンメトリー・非対称)です。一番分かりやすいのが筋肉なんですが、筋肉のつき方が左右で同じ人間はいないです。少なくとも私はみたことはありませんし、西洋医学的にみてもありえない話だと思います。「口がねじれている」「右肩の方が上がっている」「左足の方が長い」「骨盤が右にねじれている」などの声をよく聞きますが、大事なのは「だからどういうことなのか」です。それによってその部位に痛みがあったり、運動制限があれば何か変化を出す必要があると思います。しかしそうでなくただ気なるだけならば、実はその状態が「良いバランス状態」かもしれません。「頭蓋骨・背骨・骨盤・膝関節にかけて、全てが真っ直ぐ!」=「健康で最高のパフォーマンスがだせるベストな状態」ではないです。そもそも、「これで体のどこにも歪みはありません」という状態になる人はいませんし、そのようにできる施術者もいないと思います。よく骨そのものを矯正するという言葉を聞きますが、我々の業界の技術ではありえません。そのようなニュアンスのお店も増えていますが、単なる客寄せです。どう考えても骨そのものを矯正することは医者による手術以外は不可能なので、そこはご理解いただけたらと思います。

・実際のところ体の全てを良くするというのはハードルが高いです。実際のところ、体がどこも痛くない・薬は何も飲んでない・毎日が体が元気で疲れを感じない・気分はいつも最高!。。。という人は何十万人に一人くらいだと思います。ましてや、年齢を重ねてくればくるほどそのハードルは高くなります。なので、「思い立ったらすぐ行動!」が必要です。

 上記の事を少しでも頭に入れてもらい、ご相談していただければと思っています。「口がねじれている」「右肩の方が上がっている」「左足の方が長い」「骨盤が右にねじれている」まずはご連絡下さい。HP冒頭から何度も言いますが「自分の体は自分では分からない」です。なので私の見立てで「お客様の良いバランス状態」を提案します。私の判断が大事になるのですが、気になる箇所の筋力・体の使い方・修正すべき癖・筋肉の伸縮性等を見ていきます。ただし、トレーニングや日常生活に関してはお客様にも協力してもらう必要があります。その上で、私とお客様が一緒になり、整えるところは整えて・鍛えるところは鍛えて・緩めるところは緩めて・気をつけてもらう事は気をつけてもらって。。。そのような形でB.B.I(Body Breath Inovation)を行っていきます。


●B.B.I(Body Breath Innovation)●

 B.B.Iとは?という事を説明いたします。

・「体の動きトレーニング&それに順じた呼吸方法」をお客様にレクチャーしていきます。その前に体のどの部分が気になるのか・体のどうゆう動きに違和感や痛みがあるのか・呼吸が浅く息苦しいなど、修正したい改善したい悩みをお聞かせ下さい。それから私が体の状態をみてB.B.Iを開始いたします。

[例] 

・体の動かし方をレクチャーしつつ、そこに正しい呼吸方法を取り入れていきます。皆様最初は「はく&すう」の難しさを実感されます。簡単で単純な事が案外できないのです。「動き」ながら「呼吸」する、これが「体の使い方と呼吸の新機軸」です。

⇩⇩⇩

・正直な話、ほとんどのお客様が一度や二度の施術でマスターされることはありません。ましてや、今に至るまでの日常生活での癖だったり、怪我の既往歴の可能性が大いにあります。その場合はお客様自身も日常生活で気をつけてもらう事が大前提になりますし、筋力不足や筋肉の硬さが原因の場合は提案した筋力トレーニングやストレッチを行ってもらう必要があります。ただし運動経験が少ない方は「運動する癖」をつけるまでが大変で、途中で断念される事も多々あります。本気で改善したいのであれば、私が筋力トレーニングやストレッチにも付き合いますのでご相談下さい(詳しくは3.sportsをご覧下さい)。その上で定期的な来院回数を決めて、一緒に結果を出していきましょう!

⇩⇩⇩

・T4-method含めB.B.Iを受けて体を調整することで、痛みの改善・モチベーションの向上・競技パフォーマンスアップ・ビジュアル的要素に自信がもてると、喜びの声をいただいてます!効果を実感するには、お客様のモチベーションも必要ですが、やはり一番は私の見立てになってくると思います。そこは豊富な経験と判断力でクリアしていくので、「このままでは駄目。変えたい!変わりたい!」という方はご相談下さい!


●バランスに関して重要になる「骨盤」の大きな誤解や疑問点●

・近年「小顔矯正」や「骨盤矯正」という言葉を当たり前のように聞くようになりました。しかしそれと同時に施術を受けて「痛みが強くなった」「歪みがひどくなった」「頬の骨や顎の骨が痛くなった」という声も多く聞くようになりました。そういう方が来店されアフターフォローもしてきましたが、その場合共通点が何点かありました。

・1っ目は、痛みがあっても無理にでも筋肉を伸ばしたりに骨を押し込むような、解剖学を完全に無視した施術です。少々痛くても力任せに顔を押さえつける、首の骨を無理矢理ねじったり押し込んだりする、足をありえない方向に引っ張るなどです。今の例などは健康上の問題にまで発展してしまう事があります。

・2っ目は無資格者の施術です。法整備も間に合わず無資格でも簡単にお店が出せてしまうのもおかしいのですが、〇〇整体・カイロプラクティック・リンパマッサージ専門店・骨盤矯正専門店など国家資格を持たない無資格者のお店が乱立しているのが現状です。無資格のお店では首が動かなくなった・肋骨を折ったなど医療事故も多発しています。無資格店での施術はリスクが非常に高くなります。遠方の方もいますので当院でとは言いませんが、HPをご覧の皆様は国家資格を持つお店での安心かつ信頼できる施術をお受け下さい。(※〇〇整体という看板を出している国家資格所持者の先生もいますので、詳しくは確認してみて下さい)(※国家資格に関してはQ&Aをご覧下さい)

・皆様が日常よく耳にする言葉「骨盤矯正」。当サロンではこの言葉はあえて使用いたしません、あくまでもTuning(チューニング・調整)という言葉を使います。「矯正」という言葉自体は悪くないのですが、「骨盤矯正」ですとあたかも骨盤の骨そのものを矯正するという意味合いとしてお客様に解釈されそうで、自分の中で釈然とせず違和感があるからです。そもそも「骨盤矯正」という言葉自体あやふやで、何をもって「骨盤矯正」と言うのかもお店や術者によって違うのが現状です。まず「骨盤矯正」は科学的・医学的に何も証明されていません。あたかも骨自体のねじれを治すようなキャッチコピーをうたっている術者もいますが、人間の手で骨盤、いわゆる骨そのものを変化させる事は不可能です。そのような変化をだすことが出来る=骨盤を骨折させるレベルの話です。歪んでいるように見える、いわゆるバランス悪く傾いている骨盤の周囲の筋肉を緩ましたり鍛えたりして、その人の合った「正しく体が使える位置に骨盤を落ち着かせる」という話で、そのような意味合いで骨盤矯正という言葉を使用するのは分かります。私自身はそのような考え方であり、歪むではなく傾いているの表現が正しいのではと思います。しかし骨盤本体の矯正ができるという説明を受けたら気をつけて下さい、ただただお客様を来院させるための詐欺です。皆様のイメージされている「矯正されたら骨盤自体の歪みが取れる・骨盤が締まる」というのはありえない事なのでご理解下さい。

・これは「小顔矯正」でも一緒で頭蓋骨自体を小さくすることは不可能です。「小顔」と聞くと、「小さい顔になる」と多くの人に思われがちですが、「顔の骨が縮むように小さくなっていく」という意味合いではありません。頭蓋骨は骨なので、骨盤同様そんなことは絶対にあり得ません。あくまでも「顔についている余計なものをのけていき、今より顔を小さくスッキリさせる」という事です。

・上記の事を少し詳しく説明いたします。上の画像を左から図1(正常な骨盤)、図2(変形した骨盤)、図3(傾いている骨盤)とします。

・まず正常な骨盤の形・関節の名称が図1です。生まれつき骨盤の形が左右で違う(腸骨の大きさに左右差がある)ことはありますが、先天性のものは100%治りません。そして図2のように、右側の仙腸関節がグイッと上にズレて、坐骨の位置が大きく上がっています。「骨盤の歪み」=「恥骨結合・仙腸関節がズレている」「骨盤の形そのものが変形してしまっている」と思っている方が多いです。そしてこのようなイメージを持ち「ズレているのを元に戻して下さい」「骨盤がズレているので、元通りにハメて欲しい」と訴える方が多々います。

・しかし、骨盤は強靭な靭帯・筋肉で補強されているので、普通に生活をしていて大きくズレてしまうようなことはありません。つまり、図2のような事になることはありえないのです。これは産後でも同じことです。

・図3を見ていただくと、骨盤そのものの形は同じ状態のまま、しかし右側に大きく傾いている事が分かります。このように、骨盤が1つの塊として左右前後の傾いたり、回転して捻れたりするようなことをまとめて「骨盤が歪む」ということです。

まとめ

・上記のことを統括し当店の方針とまとめると、、、骨盤の歪み(正確に言えば傾き)は骨盤矯正では改善されません。なのでB.B.I(Body Breath Innovation)で一緒に体を動かしましょうという事です!例えば皆様が気にされる産後の体の不調ですが、、、産後は筋肉が落ちていてダルダルです。その低下した筋肉が骨盤に異常を起こしているのであれば、筋力トレーニングで筋肉を鍛えてあげるほかありません。そこに呼吸のメソッドを取り入れて肋骨に動きをつけてあげれば完璧です。

・以上のことを前提に、体の歪み等に対するアプローチはT4-methodとB.B.I(Body Breath Innovation)で施していきますのでご理解下さい。


Click the button!
[HOME・メニュー/価格・お問い合わせ]


鍼灸マッサージsalonよしだ

acupuncture&moxibustion&massage salon YOSHIDA

山口県長門市東深川617-14 椋木コーポ101号

PHONE 080-4189-9892(予約・問い合わせ専用)

※LINEでの連絡もお待ちしております。上記携帯番号から検索して下さい。